« お疲れリーマン | トップページ | 真夜中の占いオバサン »

幸せは小麦色

天国で君に逢えたら

買ったきっかけ:
彼の話は、以前に朝のテレビで紹介され、大好きな海と家族から天国に旅立ったのを知り、手にとってみた。

感想:
自分の余命が後わずかと知ったら・・・最近、父の癌に、作者の話が重なる。家族は何をするの?本当の死とは?課題の多い作品であった。

おすすめポイント:
今、何となく、過ごして生きている人、
運命って何か考えてみない?

天国で君に逢えたら

著者:飯島 夏樹

天国で君に逢えたら

ライフという映画を見ました。桑田さんの歌をバックにCMを見た人も多いはず。

人間って、生まれた時と、死ぬときの演出は周りがするんだよね・・・最近、父の余命を知り、もう1度スキなことさせてあげようと思った。癌の夫にウィンドさせるシーンを見て、父にもう1度トロンボーンを吹かせてあげたいと。肺癌の父にトロンボーンを持ってきてと言われ、無視したけど、もう1度すきなことさせてあげたいと思い、その人らしく、死ぬって意味を考えたりした。

私は幸せだった時は、海でいつも日焼けをしていた。今は日焼けが怖いけど幸せ色は小麦色 また思いっきり日焼けしたいな

|

« お疲れリーマン | トップページ | 真夜中の占いオバサン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52266/7723327

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せは小麦色:

« お疲れリーマン | トップページ | 真夜中の占いオバサン »